資料請求はこちら

新潟の婚活を応援するハッピーロードの店長ブログ~結婚相談所の裏話~

新潟の婚活を応援するハッピーロードの店長ブログ~結婚相談所の裏話~

婚約の形式、常識は家によって違う

婚約の形式や常識、慣習は家によって、また地域によって

違うものです

昔なら、嫁にやる側の家が

お膳を用意し、嫁ぎ先の両親と婿を招きます

そのときに、婚約金だったり、婚約指輪だったり、地域によっては着物だったり

持っていきます

嫁にもらう側は、結納金もしくはそれにあたいするものを、渡すようです

その風習は決め酒といわれてました

 

決め酒のほかに、いろんな形式があります

両親同士の顔合わせが、目的なんですが

料亭やレストランなどの個室にて、食事会にし

挨拶だけで、済ませる場合もあります

 

また、婚約式としてホテルなどの1室を借り

両家の親、婿と嫁が、するめやイカなどの縁起物を並べて、お祝い会をする場合もあります

婚約式というのですが、婚約パーティーとか結納と呼ばれてます

 

ここまでやりたくない親族もいるし、ちゃんとしたいという親族もいますので

男性は女性の家に行ったときに

どのような形式を希望されているか

話を伺い、お互いの慣習に違和感がでないように

進めていきます

できれば、男性が女性の家に行ったときに

今後の話として伺うのがベストでしょう

そうすれば1回で早く済みますね

お互いの親に会う時から、2人が協力し合って

お互いに恥をかかないように、していかないとですね

手土産も、持っていきたいものよりも

喜ばれるものがいいですね

何を持っていけば喜ぶか、お互いに打診ができますね

なんでもいいと言っても、頂いて嬉しいものも、困るものもあるはずですね

お酒とか、ケーキとか、和菓子だったり、色々手土産は相手が喜ばれるものを考えていきたいものですね

 

そうやって、話は着々と進みます

新潟でも、長岡でも、上越でも

婚活して、交際になったら

意識してくださいね

同じ新潟県内でも、結婚の慣習や常識は違うものですね

新潟県の独身者が、結婚相談所で出逢って

恋愛をし、結婚していく

結婚情報サービス ハッピーロードはそんな婚活をしている方の応援をしている

会社です

交際してプロポーズしたら

プロポーズしたら
お互いの両親に会いに行きましょう
男性の両親に会うときは、気さくな感じでケーキなんか持ち遊びにきたよみたいな
軽い顔合わせでも、良いですよね
もちろん、彼女だよ、結婚するよと紹介はしますが
女性の家に行くときは
そうはいきませんね
ちょっと身なりを整えて、お酒とか菓子よりを持参し
前もって、相手のかたに都合を会わせていきます
挨拶は、結婚を前提に、、、
は、今さらですよね
プロポーズをしたのなら、結婚したい旨をはっきり伝えて今後の打ち合わせをするくらいがよいでしょう
そこは、お見合いで出会ったのですから、結婚は前面に出しながら
最後のしめという感じです
お互いの家に、しきたりがあれば男性がお互いの両親にリサーチをしながら、色々提案していくとスムーズに行くようです
婚約の形式は今日では、色んなパターンがあります
ホテルで正式にする場合は
スルメや縁起ものを並べてやりますね
決め酒と いうやり方は、女性宅にお膳をとり
男性が両親と伺うやり方です
また、外食店にて個室などで両家の顔合わせを食事会にするやり方もあります
その家により、形式を重視する場合、略式にしたい意向がありますから
本人同士が、親にききながら、男性がすりあわせをうまくしていけば
進めやすいようです

結婚は両家の結婚でもあります

その後、両親同士が会う段取りを
2人が両家のしきたりを探り探り
すり合わせて進めていくのです
その土地、家で
両親の顔合わせのタイミング、結納のしきたり、
いろいろ違います
昔はもらう側の男性のしきたり会わせることが
多かったようですが
最近はお互いに自由になり
双方の希望に合わせ
略式で行ったり
ホテルで正式に行ったり
いろいろなケースがあるようです
お互いに両家がもめないように
2人が上手に情報を入手し
両家が納得する顔合わせが
望ましいですね
例は、食事会ですませる
女性に家に行きお膳でふるまう
1回会って、ホテルで正式な婚約式をする打ち合わせをする
などなど、いろいろあるようです

価値観といえば、プロポーズのその後は

交際相手にプロポーズをして、結婚するって話が成立したら・・・
お互いの親にあいさつに行かないといけません
男性が女性の親に挨拶に行くとき
そこにもいろんな常識があります
その常識は、その地方、その家によるものです
人の家に遊びに行くとき、必ず手土産を持参するものだという常識の家に、いつものように手ぶらでいけば
マイナスイメージになります
きっと、あなたが帰ったあとで「常識がない人ね」
そう言われているかもしれませんね
女性の家に「娘さんをください」と言いにいくのに
お酒を持参することが常識の家に
普通の洋菓子を持って行ったら・・・
きっと「普通、嫁もらい来るときは、酒もってくるもんだ!!」
みたいに批判されちゃいます
まあ、割り切っていてそんなのどうでもいいという家ならいいのですが
今の時代、まだまだいろんな常識が地域地域であるようです
一般的には、初めて親に挨拶に行くなら
軽く手土産[emoji:i-269][emoji:i-274]をもって本当に挨拶がてら、遊びに行くといいですよね
状況により、「娘さんと結婚をしたいと思っている。かならず幸せにするので許していただきたい」
なんていう方もいるんでは
その後、自分の親に彼女を紹介して
それから、双方の両親を引き合わせる儀式をどのような形式でするかを決めます
双方の両親を交えて、レストランや割烹とかで食事会で顔合わせで、その時に婚約指輪を渡したり
女性の家に男性が親と一緒に伺い、お酒や反物(無地の着物の生地)を結納金や婚約指輪を
持参し、女性側はお膳を用意し、簡単な決め酒をとり行うというやり方[emoji:i-270]
ホテルの会議もできるような綺麗な小さい部屋を借りて、婚約式を執り行い、お互いの両親と本人だけで
するめやイカなどの縁起物で婚約の儀式を行ったり[emoji:i-221][emoji:i-221]
いろんなパターンがあります
でも、その家にある常識が必ずあるので、お互いに家の常識を探り合い、親の意見も参考にしながら
ちょうどいいところで折り合えるやり方が望ましいですね
その家家にある常識を、理解しながらもめないように
結婚は本人同士が一番大事ですが、家と家との結婚でもあるので
お互いに大事な儀式は、慎重にしていきたいものですね
でも、今の時代ですから[emoji:i-214]
「おまえたちの結婚なんだから、好きにしていいよ。合わせるよ」
と言ってくれる理解ある親もふえつつあるようです
結婚は形式だからといいますが
今日の日は二度と来ないのですから
人生の節目を節目として、いきたいですね
・・・常識的ながんこおやじタイプの私らしいコメントで・・・[emoji:i-279]

プロポーズの時期ですね

プロポーズの時期ですね
あちらこちらで、そろそろとプロポーズラッシュの報告を受けてます
「丸山さん、プロポーズしておかげさまでOKもらいました!!」
そんな報告を私は毎日待ってます
そして、その後、どうするか!!
そんな質問もよくあります
一般的には、まずは男性が自分の親に紹介し、それから女性の家にあいさつがてら手土産を持って伺います。
その時に、もう「娘さんをください」と言ってしまってもいいですが、初対面でいきなりいうと驚かれますから
予告がつうじるようなら、予告して伺うのもいいですね
女性と女性の親の会話の内容にもよりますね
でも、その家その家には、必ずその家の常識があるものです
だから、もしも方向ややり方がわからないなら
自分家の常識を重視するよりも、相手側の常識に合わせるように事を起こしたほうが、無難です
本人同士が、お互いの家の常識を探り合い、話し合い、お互いが合わせるように協力していくことが大事です
それは、親にあいさつをするときから始まり、決め酒のしかた・・・婚約式をするかしないか?ホテルでするのか
食事形式にするのか??
2人の意思も大事ですが、両家の常識を逆なでないよう進めたいものですね
今の時代、どのやり方が一般的で常識というのはないようですからね
自由な時代でもあります。
ならば、本人たちの意向を考えながら、親族とのかかわりも波風が立たない程度に
うまく楽しくやればいいと思います。[emoji:i-1]
結婚相手との愛も大事
そして、結婚すると相手の親とも親族とも関わりが深くなります。
いまどき関係ないと面倒くさがらずに、是非思いやりを待って接し、積極的に出会いを大事にしてもらいたいもので
す。自分には関係ないといわず、自分の親族ではないからこそ、うまく接すればそれは相手には喜ばれ、やがてその喜
びは自分に返ってきます。
結婚で、出会いが増えて
またひとつ、自分が成長できるチャンスですね
10年後、その出会いも必要だったと笑っていえますように[emoji:i-261]

結婚の形式は様々です

最近の結婚事情は、さまざまな形式のようですよね
断然、多いのが入籍をさきにというのがダントツです
記念日に入籍をして、それから結婚式なんです
式は、神前結婚式、教会、海外で、神社・・・
さまざまですね
費用は、最近ある方にお聞きした額でいうと・・
300万かかり、祝儀は150万だったそうです
結婚って、お金がかかります
婚約式について、最近テレビでやってましたね
市川海老蔵さんが、ホテルで婚約しましたね
婚約も、ホテルで縁起ものを全部そろえて行う方もいれば、両親同士の食事会で済ませてしまう略式の方もいます
事情があって、婚約も結婚式も全部はぶいて、入籍だけのかたも、以外と多いようです。
昔とちがって、しきたりや風習にこだわらなくなって、自由な発想、自由な形の儀式なんですね
すごく、自然でいいと思います
しきたりも大事ですし、いい面もありますが、それにこだわりすぎて本質を見失うよりも・・・
本人たちがやりたい形式でやるのが、今の時代の結婚式ですね[emoji:i-260]

結納について

プロポーズが無事成功したら、まずお互いの親同士に挨拶に!
次は、両家の親がご対面!
ご対面の時、一緒に婚約式にする場合もあります。
婚約式というのは、ホテル等かり、スルメや縁起担ぎになる品を飾り式を行い、指輪と結納金
を新郎側が新婦側に渡します。
婚約の前に、決め酒といって昔から男性側の親が酒とスルメを持って女性の家に、正式に結婚の承諾を得るというものもあります。
婚約式はまったくはぶき、決め酒だけとか両家の食事会のみというのもあります。
結納金は、その家や地方によってちがいますが、給料の2?3ヶ月といわれています。
結納金は、新婚生活の使い道支度金によって変わってくるそうです。
ただし、結納金はなしでという家も少なくないですね。
婚約指輪だけの場合もありますし、婚約指輪と反物とか、その地域によっても多少違います。
その風習は、お互いの家のこだわり方によって変わってきますが、
相手方が、どうしてもこだわりたいというなら、合わせる方が無難かもしれませんね。
話し合うのがベストです。
女性側のお返しですが、半返しといわれていますが、1?2割程度がいいそうです。
女性側は、男性に時計やカフス、そしてブランド品のベルト等を用意し、婚約指輪をもらう日に渡すといいです。
2人だけで付き合ってきたのが、結婚が決まったとたんにお互いの親の意見も調度いいところに、とりはからないとなので、ある意味たいへんですね。
お互いの土地の風習や相手の上司などにも、支障がないように調度いいところで考えないと
あとあと問題になるケースもあるよです。
自分の意見や主観だけにとらわれず、相手のとりまきや環境なども考慮してあげる事が、大事ですね。
でも、自分の考えや自分の家庭の事情、環境を言わずに問題を隠したままは、もっと問題が大きくなります。その辺は、考えてちゃんとお相手にお伝えして、相談し2人で決めていくようにしていくと
うまくいきます。結婚は、一生で1番いいときですから、問題は抱えず常に話合って解決し、いい思い出となるように
お互いが、協調性を高めあえる第1歩です。
とにかく、形式にこだわらず、お互いがお互いの両親が納得のいくように決めていくとうまくいきます。
一般的な常識だけにとらわれて、結婚してから大変な思いをするより、両家の親も含めて自分たちの都合のいいように進めるとうまくいきます。

米国NLP協会認定「NLPマスタープラクティショナー」を取得した丸山聡子主催 丸山式・婚活スクール

マル適マークCMSは、結婚相談・結婚情報の信頼の証です。

新潟の婚活を応援するハッピーロードのますはお気軽にお試しコース

希望の条件で検索!気軽にメッセージをやりとり!無料にいがた婚活広場

1ヶ月間無料でお試し婚活のチャンスです!無料お試し婚活

新潟の婚活を応援!ハッピーロード店長ブログ

新潟の婚活を応援するハッピーロードの新潟婚活アドバイザーブログ

新潟の婚活を応援!婚活占い

新潟の婚活を応援するハッピーロードへ無料資料請求お申込み

新潟・結婚式場 ハミングプラザ VIP(ビップ)

ハッピーロード LINE@ 最新の新潟婚活情報をお届けしています!

ハッピーロード インスタグラムはじめました

「ホームページ見ました」で登録料10%OFF

資料請求はこちら

ハッピーロード

ハッピーロードって?

システム・コース料金

パーティー情報

会員紹介

今どきの婚活事情

店長ブログ

婚活アドバイザーブログ